相続人の中に認知症や知的障害のある者がいる場合

0001.jpgのサムネール画像

共同相続人の中に、認知症や知的障害、精神障害などのために、自分の行為や、その行為の結果がどのような意味を持つのか判断できない方がいることがあります。


このような場合では、判断能力の無い相続人に代わり、遺産分割協議に参加する代理人を決める必要があります。


その際に利用するのが、後見制度です。

 

判断能力のない方に代理人として弁護士をつければいいではないかと思われるかもしれません。



しかしながら,判断能力のない方は,弁護士との間で委任契約を結ぶことができないので,後見制度を使わなければならないのです。

 

後見開始の申し立て


認知症や知的障害により判断能力がない方の財産を管理し,身上監護をするのが成年後見人の役割です。

財産管理の一つとして,相続人の代わりに、遺産分割協議に参加します。


そのような成年後見人を選任するための手続が,家庭裁判所への後見開始の申立てです。

 

家庭裁判所が後見開始の申立てを認めた場合、成年後見人に選任された人物が遺産分割協議に参加し,判断能力のない相続人の利益のために活動します。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは


相続・遺産分割・遺言のトラブル解決相談 運営:弁護士法人ラグーン

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.