下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

遺産分割

ある相続人が、被相続人から生前に多額の財産を受けている

Q ある相続人が、被相続人から生前に多額の財産を受けています。それでも法定相続分にしたがって平等な割合で遺産分割されるのでしょうか?

 

A 多額の財産をもらっている相続人の相続分が減らされることがあります。

特定の相続人が、被相続人から受けた生前贈与などの特別な利益のことを特別受益といい(民法903条)、特別受益を受けた相続人の相続分を特別受益分だけ減らすことによって (特別受益の持戻し)、他の相続人との衡平を図っています(民法903条1項)。

<特別受益の対象となる財産・・・《遺産α》>

lag8.png

 

 






 

 

生命保険金・死亡退職金は相続財産ではなく,保険契約に基づく保険金受取人(相続人)の固有財産とされています。しかしながら,受け取った保険金額が遺産の総額や相続人と被相続人の関係等に照らし、著しく不公平とみられるほどに高額の場合は、特別受益とみなされるとする判例があります(最決平成16・10・29)。 ・・・《遺産β》


特別受益がある場合の相続分の計算方法は、《遺産α》に特別受益《遺産β》を上乗せしてみなし遺産(・・・《遺産γ》を算出し、これを法定相続分《σ》にしたがって分配した後に、特別受益がある相続人の相続分から《遺産β》を控除して算出します(民法903条1項)。

 

《遺産α》 + 《遺産β》 = みなし《遺産γ》

《遺産γ》 × 《σ》 - 《遺産β》 = 実際の相続分

 

 

example.PNG  

亡Xさんの遺産は現金5,000万円、相続人は妻のAさんと子であるBさんとCさん。Bさんは事業資金として1,000万円、Cさんは住宅資金として600万円を、Xさんから生前贈与されていました。

 

この場合、
5,000万円 + (1,000万円 + 600万円) = 6,600万円 となります。

   遺産          特別受益         みなし遺産


それぞれの相続分は、

Aさん

6,600万円×1/2=3,300万円



Bさん

6,600万円×1/4-1,000万円
=650万円


Cさん

6,600万円×1/4-600万円
=1,050万円

となります。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは