下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

借金

時間が経ってから借金があることがわかった

Q かなり時間が経ってから、被相続人に借金があったことが判明して困っています

 

A 相続財産の存在を全く知らなかった場合、例外的に相続放棄をすることができます。

相続放棄(民法938条以下)という制度を利用することで被相続人の借金を相続しなくて済みます。

しかし、相続放棄ができるのは、原則として、相続人が相続の開始を知ったときから3ヶ月以内です。

しかし、この3ヶ月の期間は、厳密には、「相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識した時または通常これを認識しうべき時から起算する」ということになっているので(判例)、相続財産の存在を全く知らなかった場合には、例外的に相続放棄をすることができるのです。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは