下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

借金

プラスの財産は相続したいがマイナスの財産はいらない

Q プラスの財産は相続したいがマイナスの財産がどれだけあるかわからず、相続すべきか判断できない場合、どうすればいいですか?

lag152.png

 

A 相続限定承認という制度があります。

 

相続限定承認という制度を利用すれば、相続したプラスの財産(預金などの債権、不動産など)の範囲内で被相続人のマイナスの財産(借金などの債務)を弁済して、余りがあれば、それを相続することができます。つまり、債務を相続することはなく、プラスの財産があった場合にだけ相続できるということです。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは