下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

葬儀費用

葬儀費用を遺産から出していいのでしょうか

Q 葬儀費用を遺産から出していいのでしょうか?

 

A 相続人全員の同意があれば問題ありません。

遺産分割協議の中において,相続人全員が被相続人の葬儀費用を遺産の中から負担することについて同意した場合には,葬儀費用を遺産の中から拠出しても何の問題もありません。

 

しかし,相続人全員の同意が得られないまま,勝手に葬儀費用を遺産の中から拠出してしまった場合には,民事訴訟手続において,不法行為に基づく損害賠償請求訴訟又は不当利得返還請求訴訟を提起されるおそれがあります。

haka.png

 

葬儀費用については,①喪主が負担すべきであるとする考え方②相続人が負担すべきであるとする考え方③遺産の中から拠出すべきであるとする考え方などがあります。裁判例は,①の喪主が負担すべきである考え方に依拠するものが多いようですが,最高裁判所の判例はありませんので,確立した考え方とまではいえないでしょう。

 

example.PNG  

相談に至る経緯・事案の概要

父Xさんが亡くなり,自然の成り行きからAさんが喪主となり,Xさんの葬儀を行いました。その際,Aさんは,Xさんの遺産である預金1000万円の中から300万円を葬儀費用に使いました。ところが,今になって長女Bさんと次男Cさんが葬儀費用はAさんが勝手に拠出したものであるから遺産から差し引くべきではないと主張しています。

 

帰結

 

Aさんが葬儀費用に充てた300万円について,相続人全員の負担とすることについて不満のあるBさんとCさんが,Aさんを相手に不法行為に基づく損害賠償請求訴訟または不当利得返還請求訴訟などを提起しなければならなくなります。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは