遺産分割でお困りの方

 

「兄弟がみんなばらばらなことを言って,遺産分割協議がうまく進まない。」


「価値のある財産はみんな弟が相続する案になっていて,分割の内容に納得できない」


「遺言書の内容が兄ばかり優遇して,自分にとって不利な内容になっている」

 

このようなトラブルに悩んでいませんか。


遺産分割では,どんなに強い思い入れがあっても、思い通りの結果にならないことはよくあります。

しかし,慌てて変に動いてしまったり、当人同士が主張をぶつけ合ったりすると、収集がつかない事態を招きます。

結果として,自身の望む結果も,相手方が望む結果も得られず、全員が不幸になることもありえます。

 

行き詰まった状況になる前に,専門家から法律にのっとった客観的なアドバイスを受け、早期解決を図られることをお勧めします。

 

特に、相続人間にそもそも揉めやすい人間関係がある場合、


○異母兄弟や異父兄弟がいる場合
○相続人が後妻と先妻の子である場合
○相続人である子の中に婚姻外で生まれた子がいる場合

などは、類型的に泥沼化の可能性が高いと言えます。

 

また、調停や審判となった場合には、法律に基づかない主張をしたり,相手方に配慮しない主張をしたりすると,調停委員や裁判官を味方につけることは困難です。

法的結論を知った上で、適切な主張を展開することが、自分の利益を守ることになります。

 

遺産分割の方法の原則は法律で定められていますが、実務上は杓子定規では通らないことも多々あります。これらは経験の蓄積がないと理解しづらいところです。


当事務所では皆様により幸せな「遺産分割」をしていただけるようにサポートしていますので、お気軽にお問合せ下さい。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは


相続・遺産分割・遺言のトラブル解決相談 運営:弁護士法人ラグーン

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.