下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

遺産分割

被相続人の世話を全くしていなかった相続人がいる

Q.被相続人の世話を全くしていなかった相続人との間でも平等に遺産分割されるのでしょうか?

 

A.被相続人の世話を行ってきた方の相続分が増加することがあります。

相続人の中に、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者がある場合に、他の相続人との間の実質的な公平を図るために、その増加をさせた相続人に対して、相続分以上の財産を取得させる制度のことを寄与分といいます(民法904条の2)。相続人間の実質的な衡平を図ることを目的として設けられた制度です。

lag29.png

被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたと評価できる場合に「寄与分」として、貢献した相続人の相続財産を増やすことができます。注意すべきなのは、通常業者に頼めばお金がかかることを無料でやってあげたという場合も認められうるということです。

 

介護を行った場合は寄与分が直ちに認められるとは限りません。寄与分が認められるためには夫婦間の協力・扶助義務や、直系血族・兄弟姉妹間の扶養義務などによって、通常期待されている範囲内のものを超えるのでなければ認められません。

 

寄与分を主張できるのは相続人だけです。相続人ではない方がどんなに生前相続人の世話をしたり,事業資金を援助したりしても,寄与分を主張することはできません。


寄与分がある場合の相続分の計算方法は遺産《α》から寄与分《β》を一旦控除して、みなし遺産《γ》を算出します。これを法定相続分《σ》にしたがって分配した後、寄与が認められる相続人に《β》を上乗せします。


遺産《α》 - 遺産《β》 = みなし遺産《γ》

みなし遺産《γ》 × 法定相続分《σ》 + 寄与分《β》 = 実際の相続分

 

example.PNG  

亡Xさんの遺産は現金5,000万円、相続人は妻のAさんと子であるBさんとCさん。BさんはXさんの事業を手伝っており、Xさんの資産形成に1,000万円分の貢献をしていたと認められました。

この場合、
 

この場合、
5,000万円 - 1,000万円 = 4,000万円 となります。

             遺産      寄与分     みなし遺産


それぞれの相続分は、

Aさん

4,000万円×1/2=2,000万円



Bさん

4,000万円×1/4+1,000万円
=2,000万円


Cさん

4,000万円×1/4=1,000万円

 

となります。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは