下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

自分の意向に添った遺産分割

遺言を確実に実行してほしい

Q 遺言を確実に実現してほしい

 

A 遺言執行者を指定するとよいでしょう。

遺言を確実に実現するための制度として、遺言執行者の指定があります。

遺言執行者は、遺言者に代わって遺言の内容を実現するために必要な事務処理を行う者で、遺言等によって指定することができます。

 

 

遺言執行者が指定されている場合、

①相続人の相続財産に対する管理処分権限が制限される結果、相続人が勝手に相続財産を処分することが防止され、また、

②遺言執行者が相続人全員の代表として手続するため、大幅な手間が省略されます。

 

 

example.PNG  

相談に至る経緯・事案の概要

Aさんは、生前、弁護士Xと相談して公正証書遺言を作成し、その遺言でXを遺言執行者として指定していました。

 

そして、平成25年2月21日、Aさんはお亡くなりになりました。

 

Aさんには、Aさんの死亡時、配偶者であるBさんと子であるCさん、Dさん、Eさんがいました。また、財産としては、自宅の土地建物と300万円程度の現金、300万円程度の預金があり、遺言では、自宅の土地建物をCさんに、現金をBさんに、預金をDさんとEさんにそれぞれ150万円ずつ遺贈するとしていました。

 

具体的手続

まず、Xは、戸籍等の調査により、Aさんの相続人がBCDEさんであることを確認し、相続人であるBCDEさんに遺言執行事務通知書を送りました。

 

また、Aさんから聴いていた財産内容を基に、相続財産の財産目録を作成し、平成25年3月2日、BCDEさんに交付すると共に、遺言の執行を妨げる処分は無効になる旨を連絡しました。

 

次に、遺言では自宅の土地建物をCに相続させることとなっていたので、平成25年3月8日、AさんからCさんの名義に変更する登記手続を行いました。

 

現金については、Xは生前のAから現金の入った金庫の暗証番号を聴いていたので、平成25年3月10日、金庫を解錠して、現金をBさんに交付しました。

 

預金については、銀行の説得を試み、平成25年3月11日、預金契約の解除・払戻しを受け、それぞれDさんとEさんに分配しました。

 

最後に、Xは、平成25年3月25日、遺言執行事務終了通知兼事務報告書をBCDEさんに対して送付し、遺言執行事務を終えました。

 

結果

以上の事例では、Aさんの死亡からおよそ1か月でAさんの遺言が実現されました。相続人の相続財産に対する処分権限を制限し、遺言の執行を遺言執行者に委ねることによって、迅速な遺言の実現を達成することができました。

 
blueclock.PNG     当該事件にかかった時間及び弁護士費用 money.PNG



 

yajirusi.jpg

H25年2月21日 Aさん逝去
H25年3月 2日 遺言執行事務通知書送付

H25年3月 8日 AさんからCさんへ登記の名義変更
H25年3月10日 金庫を解錠し、Bさんへ現金交付

H25年3月11日 預金解約、払い戻し。

            DさんEさんへ分配。
H25年3月25日 遺言執行事務終了通知書送付

合計 約1ヶ月


 

money.PNG
 

遺言執行 32万4,000円

遺言評価額の1.08%

 

詳しくはコチラ→費用

 

仮に、Aさんが遺言書に「遺贈する」ではなく、「相続させる」と書いていた場合、不動産・預金等に関する権利は当然に相続人に承継される結果、遺言執行者の権限が大幅に制限され、この事例のように迅速に遺言を実現することはできませんでした

 

このように、遺言と遺言執行者は連続したところがありますので、遺言と遺言執行者に関する相談は、同じ弁護士にセットでご相談した方がよいでしょう。

 


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは