遺産分割に関する事例

lagoonscase.PNG   「相続人と連絡がとれない」ケース

事案の概要

 相談者のお母様は、不動産を有していましたが、数十年前に亡くなりました。
不動産を誰もほしい人がおらず、固定資産税もそれほど負担ではなかったので、相談者が支払ってきました。
 数十年遺産分割されないままになっていました。
 しかし、これ以上そのままにしておくことは、子どもたちに迷惑がかかるのではないかと心配して、遺産分割を考え、自分の所有にすることにしました。

事件処理

 受任後、相談者から聞いた、相続人のところに遺産分割にご協力をお願いするお手紙を送ったところ、相続人のうち1人が既に亡くなっているとの回答が相続人の親類からありました。
 そこで、相続人が誰になるのかを確定する必要が生じます。その亡くなられた相続人に子どもがいるのか?、亡くなった順番などで、誰が相続人になるのかが変わってきますので注意が必要です。
 思いもよらない人に遺産分割に参加してもらう可能性もあります。
 本件では、その亡くなった相続人の奥様のお父様に遺産分割に参加してもらう必要があることがわかりました。
 そして、遺産分割協議書の案を作成し、遺産が不動産であるため、登記が必要になります。
登記申請ができない遺産分割協議書を作っては意味がないため作成した協議書は、司法書士に確認して頂きます。
 司法書士の確認を経て、相続人に遺産分割協議書を送り、署名と実印による押印をして頂きます。
 登記に必要な書類を揃えて、司法書士の事務所へ同行して、登記を完了させました。

 

結果

 当事務所では、必要書類の用意など司法書士との事前のやりとりや、司法書士事務所への同行など、ご依頼者様の不安の無いように、
司法書士と連携して、諸手続を完了致しますのでご安心ください。



当事務所の解決・相談事例  


これまでにたくさんのご相談を受けさせていただき、恐れ多いながらも満足という声も多数いただいております。

ここでは相談実績といたしまして、実際にあった相談事例を掲載させていただいております。

※許可があったもののみ掲載しています。

NEW 

遺産分割調停の中で相続人の死後すぐに引き出された預金を遺産への持ち戻しと出来た事案

 

NEW 

10年以上前の相続が放置されていたケース

NEW 

 

相続人のうち3名の甥及び姪とほとんど付き合いがなく,連絡が取れなかったため, 法定相続人全員の署名押印がもらえなかったケース

 

Case 1

遺産分割に同意してもらえない相続人がいたが、代償金を支払うことで遺産分割協議を成立させたケース

 

Case 2

相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の申述を行ったケース

 

Case 3

被相続人の死から9年後に債務が発覚したため相続放棄の申述を行い、受理されたケース

 

Case 4

相続人が経営していた会社の債権者による請求をきっかけに、時効の援用も可能だが、その後の不安を払拭するために被相続人が放棄を選んだケース

Case 5

父の遺産が数千万円はあるはずなのに、預貯金が400万円ほどしかない。父の面倒をみていた長男が、財産を使い込んでいたケース

Case 6

「寄付したい。」亡くなった方の意志を反映したい。

Case 7

交渉中に遺言が見つかった!! ケース

Case 8

「相続人と連絡がとれない」

 

Case 9

「10年以上前の相続が放置された事案」


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは


相談予約受付中083-234-1436
詳細はこちら

コンテンツメニュー

事務所概要 083-234-1436
アクセスはこちら
本店 Map
事務所サイトはこちら 債務整理サイトはこちら 交通事故サイトはこちら 離婚サイトはこちら 弁護士法人ラグーンのブログ

相続・遺産分割・遺言のトラブル解決相談 運営:弁護士法人ラグーン

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.