下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436

 
lagoonscase.PNG 「10年以上前の相続が放置されていた」ケース

事案の概要

 10年ほど前に父が死亡したが、現在まで父名義のまま放置していた不動産(土地、建物、山林など)を依頼者の子のためにも遺産分割協議を行い、依頼者名義に変更しておきたいということで相談にいらっしゃいました。


 遺産分割は、相続人全員の合意が必要です。しかし、疎遠になっている兄弟や異母(異父)兄弟と話し合いをする必要がある場合には、話し合いが難航することが多いです。しかし、弁護士が代理として話し合いを行うことになれば、家族内での感情のもつれにより話し合いがスムーズに行うことができるのではないかということで依頼を受けました。相談者のお母様は、不動産を有していましたが、数十年前に亡くなりました。


事件処理

 事件の依頼を受けた後、弁護士から依頼者以外の相続人に手紙を発送しましたが、全く連絡がきませんでした。そのため調停の申立てを行い、適正な相続分割合に従って、3カ月ほどで遺産分割協議を行うことができました。

 

結果

 相続人間での話し合いは、これまでの家族に対する不満などが顕在化するため解決に至るには困難なことが多いです。しかし、弁護士という第三者的立場の人間が代わりに話し合いに参加することで、ある程度冷静に話し合いをすることができるようになります。これは調停手続を行った場合に調停委員が話し合いに参加することからも同じような効果を得ることができます。

 

 家族間で話し合いを行い、解決に至るのが困難かもしれないと考えた場合には、まず弁護士に相談してください。相談するだけで解決への糸口が見つかることも多いです。

 また、昭和50年代に開始された相続は、法定相続分の割合が現在とは異なる可能性があります。その点も含めて弁護士にご相談ください。

当事務所の解決・相談事例  


これまでにたくさんのご相談を受けさせていただき、恐れ多いながらも満足という声も多数いただいております。

ここでは相談実績といたしまして、実際にあった相談事例を掲載させていただいております。

※許可があったもののみ掲載しています。

NEW 

遺産分割調停の中で相続人の死後すぐに引き出された預金を遺産への持ち戻しと出来た事案

 

NEW 

10年以上前の相続が放置されていたケース

NEW 

 

相続人のうち3名の甥及び姪とほとんど付き合いがなく,連絡が取れなかったため, 法定相続人全員の署名押印がもらえなかったケース

 

Case 1

遺産分割に同意してもらえない相続人がいたが、代償金を支払うことで遺産分割協議を成立させたケース

 

Case 2

相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の申述を行ったケース

 

Case 3

被相続人の死から9年後に債務が発覚したため相続放棄の申述を行い、受理されたケース

 

Case 4

相続人が経営していた会社の債権者による請求をきっかけに、時効の援用も可能だが、その後の不安を払拭するために被相続人が放棄を選んだケース

Case 5

父の遺産が数千万円はあるはずなのに、預貯金が400万円ほどしかない。父の面倒をみていた長男が、財産を使い込んでいたケース

Case 6

「寄付したい。」亡くなった方の意志を反映したい。

Case 7

交渉中に遺言が見つかった!! ケース

Case 8

「相続人と連絡がとれない」

 

Case 9

「10年以上前の相続が放置された事案」


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは


相談予約受付中083-234-1436
詳細はこちら

コンテンツメニュー

事務所概要 083-234-1436
アクセスはこちら
本店 Map
事務所サイトはこちら 債務整理サイトはこちら 交通事故サイトはこちら 離婚サイトはこちら 弁護士法人ラグーンのブログ